唐澤 俊輔

クリティカル・シンキング講座

講師紹介

唐澤 俊輔

唐澤 俊輔Karasawa Shunsuke

慶應義塾大学法学部卒業。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。
大学卒業後、日本マクドナルド株式会社に入社。マーケティング本部にて、プロモーション活動の企画・実行を中心としたマーケティング領域を担当。 28歳にして史上最年少で部長に抜擢され、店頭マーチャンダイジング、ブランドマネジメント、商品戦略の立案、といった主要領域の責任者を歴任。経営再建中には社長室長を務め、ビジネスリエンジニアリング、全社横断プロジェクトのリード、組織風土改革プロジェクトのリードを担い、チェンジ・エージェントとして組織内部からの変革を推進。その後、ナショナルマーケティング部長として、マーケティング戦略策定から新商品プロモーションの実行までに一貫して責任を持ち、全社のV字回復を果たす。
2017年9月より株式会社メルカリへ。急成長するスタートアップ企業にて、国内事業の成長、新規事業の拡大、海外事業の確立といった成長戦略を社長室の立場から推進。人事・組織設計やブランディングといった組織横断的なプロジェクトのリードや、社長直轄の特命案件の推進等を担う。

グロービス経営大学院在学中に、「グロービス変革クラブ」を設立。中・大企業の変革を志す人材を集め、変革の実践を支援している。
共著に「これからのマネジャーの教科書」(東洋経済新報社)がある。

クラス運営方針
●「知っている」から「使える」スキルに
皆さんの多くは、論理的思考力やコミュニケーションについて、何かしらどこかで見聞きしたことはあると思います。「知っているんだけど、やろうとするとどうもうまくいかない」これがクリティカルシンキングの世界です。
知っていても使えなければその知識に価値はありません。「使える」ようになるためには、実践を繰り返しながら身につけていくよりほかありません。
そのためクラスでは「一方的に講義を受ける場」ではなく「実践的な議論を双方向に行う場」を目指します。日々の会議や、上司との会話、交渉の場などで、どのように使うか?を常に意識し、具体的な実例を通じて使える学びを相互に深めてゆきます。

●失敗は大歓迎!
ビジネスにそもそも正解はありません。同様に、論理的思考にも必ずしも一つの正解があるわけではありません。
クラスにおいては意見を求める場面が多くありますが、その内容の正否は求めません。(そもそも正否はありません)
ですので、クラスの場は「失敗する場」と捉えています。ビジネスの本番で失敗しないためにも、クラスを練習の場として積極的に失敗いただくことを、むしろ推奨してクラス運営を進めます。
失敗から共に学び、成長してゆきましょう!

担当科目

クリティカル・シンキング講座を受講した受講生の声

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

唐澤 俊輔 のページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。