服部 経治

アカウンティング基礎講座

講師紹介

服部 経治

服部 経治Hattori Keiji

現在は北米に本拠地を有する大手資産運用会社(ファンド)の日本支社における代表取締役。以前は外資系証券会社にて様々な欧米のプライベートエクイティファンドの資金調達グループのアジア責任者。2008年までは投資銀行部にて様々なファンドに対しM&A、買収ファイナンス、等のアドバイザリー業務に従事。1991年からニューヨークの国際会計事務所本社に勤務し、金融機関、各種米国事業法人の会計監査業務を行う。その後、2000年からは日本にて、ファンド、外資系証券等でアドバイザリー・ファンドの投資関連業務に従事。

慶應義塾大学経済学部卒 
米国コロンビア大学ビジネススクール(MBA)卒
米国公認会計士(ニューヨーク州登録、現在はnon-active)

クラス運営方針
アカウンティングは無味乾燥な簿記・会計の理論的な側面をもつ一方で企業のマネジメントが日々行う経営判断の基礎となる重要な大原則でもあります。経営判断をアカウンティングの見地から行うとなにが変わるのか。財務諸表をどのように見るのか。今までの会計監査、投資銀行実務の中で直面した様々な事例を用いながら、わかりやすく説明していきます。アカウンティングの基本的な考え方、問題意識をもって財務データの分析を行い、細かいルールにはこだわらず、一人一人が自分なりの目で分析できるようになってほしいと思います。とにかく皆さんにアカウンティングを好きになってもらいたいという願いを持ってクラスを運営しています。2003年から継続してこのクラスを担当していますが、実務的・時事的な事象を多く含みながらも基本重視でツールとしての会計を身につけることに重点を置いてます。決して難しくはありませんので気軽に前向きに取り組んでもらえれば幸いです。

担当科目

アカウンティング基礎講座を受講した受講生の声

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

服部 経治 のページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。