溝口 聖規

アカウンティング基礎講座

講師紹介

溝口 聖規

溝口 聖規Mizoguchi Masaki

京都大学経済学部経済学科卒業
資格等: 公認会計士(CPA)、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、公認内部監査人(CIA)、地方監査会計技能士(CIPFA)、(元)公認情報システム監査人(CISA)

京都大学経済学部経済学科卒業後、公認会計士試験2次試験に合格し、青山監査法人(当時)入所。主として監査部門において公開企業の法定監査をはじめ、株式公開(IPO)支援業務、業務基幹システム導入コンサルティング業務、内部統制構築支援業務(国内/外)等のコンサルティング業務に従事。みすず監査法人(中央青山監査法人(当時))、有限責任監査法人トーマツを経て、溝口公認会計士事務所を開設。現在は、管理会計(月次決算体制、原価計算制度等)、株式公開、内部統制、企業評価等に関するコンサルティング業務に従事している。東証一部上場会社の社外取締役も務める。

クラス運営方針
数字に弱くて…、ルールとか覚えることが多そうで…、専門用語が難解で…
『会計』に苦手意識を持っている方は多いのではないでしょうか?
アカウンティングはビジネスの共通言語、まさに『言葉』、本来、みんなが理解でき使えるものであるべきです。

クラスでは、平易な表現や身近な例を使い、インタラクティブなやり取りを通じて、皆さんには単にアカウンティングの知識を詰め込むのではなく、アカウンティング的な『思考法』を身に付けていただくよう進めていきます。
また、アカウンティングに関する時事ニュースも折に触れ紹介し、皆さんにより興味を持っていただくようにしたいと思います。

担当科目

アカウンティング基礎講座を受講した受講生の声

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

溝口 聖規 のページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。