濱 暢宏

ビジネス・プレゼンテーション講座

講師紹介

濱 暢宏

濱 暢宏Hama Nobuhiro

東北大学工学部卒業、グロービス経営大学院経営学修士(MBA)終了。
大学卒業後、シャープ株式会社に入社。携帯電話のソフトウェアエンジニアとして業界初のカラー液晶携帯の開発を担当後、写メールの先駆けとなるコミュニケーションサイトの立ち上げに企画として従事。

以来、通信と放送の融合を目指したAQUOS.jp、電子書籍サービスのGALAPAGOSなどの立ち上げに事業開発として従事。グロービス在学中の「顧客インサイトとブランディング」にて、日本交通株式会社のキッズタクシーを課題として研究したことが縁で、2014年1月に日本交通株式会社に入社。JapanTaxi株式会社を兼務。

日本交通では、2015年6月より、無線センター長として、オペレーションとテクノロジーを組み合わせた業務プロセスを変革。歴史上初の月間30万件配車を達成し、2017年2月には史上初の東京No.1を達成。
2018年4月より日本交通傘下のタクシー会社である大国自動車交通株式会社の代表取締役を兼任。組織風土の変革に尽力。

JapanTaxiでは、「全国タクシー」の事業責任者として、LINE TAXIやYahoo!地図との提携を実現する新規事業開発を牽引。セールスとコーポレートの責任者を経て、2016年10月より取締役COOとして「移動で人を幸せに」の実現に向けて邁進してきた。

2019年4月にセブン&アイ・ホールディングス傘下のベンチャー企業に転じる。オペレーションとテクノロジーを組み合わせて品質と収益の共存を目指した新たな都市型食品小売事業の立ち上げるというミッションに、経営企画・経営管理・CSの責任者として挑んでいる。

2017年度のあすか会議ではアルムナイアワード(変革部門)を受賞。
https://mba.globis.ac.jp/feature/alumni/alumniaward/#2017

クラス運営方針
これからのビジネスで成果を出すために「ビジネス・プレゼンテーション」は必須のスキルだと考えています。
自分/自社だけで成し遂げられることは限られており、相手/他社に力を借り一緒になって実行していくことが今後ますます求められていくからです。
では、相手/他社に気持ちよく(情理面でも論理面でも)動いてもらうために私たちは一体どうしたらよいのでしょうか?
私自身、社内社外、タクシー乗務員や経営者や投資家など、様々な立場の方に対してのプレゼンテーションを重ねてきた経験からも、

・プレゼンテーションの目的をしっかりと特定
・聴き手のことを分析
・どのように導いていくかを設計
・スライドや資料に反映
・プレゼンテーションを実施

という、一見、遠回りなようなですが、一つ一つのプロセスを丁寧に実践していくことが、相手/他社に気持ちよく動いてもらうためには必要だと考えています。
仕事のプレゼンテーションで、うまくいかずに悩んでいる方や、もっと成果を出したいと意欲を持っている方、書籍やセミナー等を通じて、プレゼンテーションの知識はあるけど実践経験が不足していると考えている方などはぜひ受講をご検討してみてください。

私のクラスでは、和気あいあいとした雰囲気の中で、一人一人に実践の機会をできる限り提供して、前述のプロセスの効果を体感していただき、明日からの皆さんのビジネス現場で役立てていただけるような実践的なスキルを身につけていただくことを目指していきます。
業種業界を超えた多くの方々と出逢い、明るく、楽しく、実りある3カ月をご一緒できることを楽しみにしています。

担当科目

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

濱 暢宏 のページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。