人材マネジメント講座 / 科目内容

科目内容

この科目は、戦略を実行するために、目標に向けて組織構成員を効果的に動かす仕組み「人材マネジメント」を活用する全てのリーダーを対象としています。「人材マネジメント」の基本概念とフレームワーク、それらが経営において果たす役割について理解し、戦略実行ツールとしてどのように活用していくのかについて考えていきます。具体的には、外部環境、ビジョン、戦略などが、「人材マネジメント」を構成する各要素(組織構造、人事システム、組織文化)とどのような関係にあるのかについて企業事例を用いて考察します。

各回のテーマとケース

Day 1

セッションA

テーマ企業におけるモチベーションマネジメントのありかたとは(評価・報酬制度)(前半)

ケースアサヒビールの目標管理制度(縮約版)

セッションB

テーマ企業におけるモチベーションマネジメントのありかたとは(評価・報酬制度)(後半)

ケースアサヒビールの目標管理制度(縮約版)

Day 2

セッションA

テーマ企業におけるリソースマネジメントのありかたとは(採用・配置)(前半)

ケース花形アナリストを採用せよ

セッションB

テーマ企業におけるリソースマネジメントのありかたとは(採用・配置)(後半)

ケース日本の新卒一括採用と三井住友銀行

Day 3

セッションA

テーマなぜ人材マネジメントが必要なのか(人材マネジメントのフレームワーク)(前半)

ケースサイバーエージェント

セッションB

テーマなぜ人材マネジメントが必要なのか(人材マネジメントのフレームワーク)(後半)

ケースサイバーエージェント
サイバーエージェント2017年(当日配布)

Day 4

セッションA

テーマどのように人材マネジメント上の意思決定を行うか(経営視点での人材マネジメント)(前半)

ケースアライズ社

セッションB

テーマどのように人材マネジメント上の意思決定を行うか(経営視点での人材マネジメント)(後半)

ケースアライズ社

Day 5

セッションA

テーマ多様な人材を活用するには(前半)

ケースパール・プロジェクト:ディトー社の働き方(A)
ローラ・バー:ディトー社の働き方(B)
マックス・グリーン:ディトー社の働き方(C)
パール開発チームの時間配分とコミュニケーションの様子:ディトー社の働き方(D)

セッションB

テーマ多様な人材を活用するには(後半)

ケースパール・プロジェクト:ディトー社の働き方(A)
ローラ・バー:ディトー社の働き方(B)
マックス・グリーン:ディトー社の働き方(C)
パール開発チームの時間配分とコミュニケーションの様子:ディトー社の働き方(D)
動画「機械に奪われる仕事-そして残る仕事」(事前視聴)

Day 6

セッションA

テーママネジャーの立場でのHRMの活用(前半)

ケースナビマップ社

セッションB

テーママネジャーの立場でのHRMの活用(前半)

ケースナビマップ社

クラスで使用するケースや教材、得られる学びは体験クラス&説明会にてご確認できます。

受講期間 / 受講料

受講回数・期間

全6回(隔週/3カ月) 1回3時間

受講料

126,000円

クラス定員

35名(※振替受講者が加わるため、クラス参加者は定員より増える場合もあります。)

受講申し込みに関するよくある質問

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

この科目を受講された方は、これらの科目も受講されています

  • LINEで送る

人材マネジメント講座 / 科目内容ページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。