沼野 利和

経営戦略講座

講師紹介

沼野 利和

沼野 利和Numano Toshikazu

一般社団法人サステナブル・ビジネス・ハブ 代表理事
沼野利和事務所 代表
公益財団法人小笠原流煎茶道 教授・評議委員
グロービス経営大学院専任教員
同志社大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程前期修了 

日本ヒューレット・パッカード株式会社電子計測機事業部(現、Keysight Technologies)マーケティング部門において新製品企画に従事しグローバル市場を対象とした市場開拓を行う。その後、カスタマ・サポート・グループ・マネジャーとして電子計測事業部の全世界でのサービス体制を整備する。
96年から、グロービス大阪支社スクール統括マネジャーとしてグロービス大阪校の初期の成長を支える。現在は、経営大学院等で教鞭をとりつつ、新規事業等のコンサルティングを行っている。
また、公益財団法人小笠原流煎茶道評議委員として財団の運営に関わり、煎茶道教授として昨年から教場を開き煎茶道の普及活動を行っている。
令和元年から、日本の文化や伝統産業、神社など1000年以上続くフィロソフィーやシステムから持続・循環可能なビジネスの創造を目指す一般社団法人サステナブル・ビジネス・ハブを共同設立。2021年代表理事に就任。

クラス運営方針
このクラスでは経営者の視点で業界構造や自社の強みを活かし競争優位性を持った戦略の理解、自身が経営者の立場での戦略立案、意志決定について、ケースから自身の業界や企業に引き寄せて考える事を求めます。また、ケースを通して、業界や企業を取り巻く環境の変化、テクノロジーの影響など、最新の状況や変化についても受講生自身の業界や企業にどの様な影響や変化をもたらしているかも考えていきます。

担当科目

沼野 利和 のページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。