体験クラス&説明会

体験クラス&説明会

  • 日時:8/20(木) 19:00~21:00
  • 定員:40名
  • 場所:グロービス東京校

グロービスでは、通学/オンラインの両形式でクラスを開講しており、科目ごとに自由に形式を選べます。「説明会」では、独自の教育メソッドやカリキュラム、1科目から学び始められる単科生制度、忙しい社会人でも学び続けやすい各種制度などのグロービスの特徴を紹介します。また、「体験クラス」では、仕事に活かせる学びやディスカッションしながら学ぶ楽しさを体感いただけます。


下記のようなポイントを確かめる機会として、ぜひご参加ください。


●なぜ多くのビジネスパーソンがグロービスを選ぶのか?

●どのような社会人が学んでいるのか?

●なぜディスカッション形式の学びが良いのか?

●本当に仕事の役に立つのか?

●仕事や家事をこなしながら学び続けられるのか?


※キャンパスで開催する「通学形式」のクラスは、行政のガイドラインを踏まえ、定員を減らすなど安全に配慮した上で開講します。

※現在、体験クラス&説明会は、グロービス経営大学院でのご案内となります。グロービス・マネジメント・スクールでの受講を検討されている方は、10分でわかる動画説明会もしくは、個別相談にお申し込みください。

開催概要

■日 時:8月20日(木)19:00-21:00

■場 所:グロービス東京校

■参加費:無料

■定 員:40名


※社会人経験をお持ちでない場合は、参加をご遠慮ください。
※社員様の派遣・研修などを検討されている場合は、参加をご遠慮ください。こちらのサイトよりお問い合わせください。

■ 当日のスケジュール


 18:40- 受付開始

 19:00- 大学院/単科生制度説明

 19:30- 体験クラス

 20:30- 質疑応答

参加にあたってのお願い

皆さまの安全・安心に配慮し、運営して参ります。参加の際には、以下のご協力、何卒よろしくお願いいたします。


■来校前のお願い

・ご自身で検温を実施いただき、37.5度以上ある場合は参加をご遠慮ください。

・過去14日の間に、家族や同僚に新型コロナウイルス感染症に罹患した方がいる場合や、海外から帰国した方については、行政の指示に従い参加をご判断ください。


■来校時のお願い

・キャンパスおよび教室内では、必ずマスクを着用してください。マスクを着用されていない場合は参加をご遠慮いただきます。

・キャンパスに到着し次第、手洗い・うがいを励行してください。

・教室に入室する際は、アルコール消毒液で手指を消毒してください(ご自身でお持ちの方は、可能な限りご持参ください)。

・キャンパスに来校してから体調不良になられた場合は、無理をなさらずご帰宅ください。

・ソーシャルディスタンスを保った座席にて、参加いただきます。

・筆記用具を持参いただき、ご使用ください。

・教室内の定期的な換気を実施いたします。

〒102-0084 東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル
地下鉄有楽町線「麹町」駅 5番出口/徒歩1分
地下鉄半蔵門線「半蔵門」駅 5番出口/徒歩10分
JR・地下鉄丸ノ内線「四ツ谷」駅/徒歩10分
JR・都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」駅/徒歩10分

当日の体験クラス&説明会内容

【第1部】スクール紹介 ~スクールの特徴・制度を知る~

<確かめられること>

・なぜグロービスの学びは仕事に活かせるのか?

・忙しくても学び続けることができるのか?

・卒業生はキャリア上、どのような変化を得ているのか?

【第2部】体験クラス~ビジネス経験豊富な教員による授業~

<確かめられること>

・どのような教員が教えているのか?

・グロービス独自のクラスとはどのようなものなのか?

・どのようにして実践的な学びを得られるのか?

【第3部】個別相談 ~科目選択や通学に関する疑問を解消する~

<確かめられること>

・自分にはどの科目が適しているか?

・各科目はどのような内容を学べるのか?

・不安や懸念に思っていることを他の人はどう乗り越えているのか?

「実践力」を育む学びの場

グロービスがもっとも重視するのは「実践力」の強化。授業は、講師の巧みなファシリテーションのもと、受講生同士のグループディスカッションとクラス全体での議論を中心に進みます。ディスカッションを通じて、経営知識を仕事で活かすための「実践力」を鍛えるのです。ぜひ体験クラス&説明会にご参加いただき、実践的な授業を体感してください。

体験クラス教員

鈴木 健一

鈴木 健一

グロービス経営大学院 教員

東京大学大学院工学系研究科修了
米国シカゴ大学経営大学院修士課程修了
学位:修士(工学)、MBA


野村総合研究所を経た後、A.T.カーニー社にてマネージャーとして経営コンサルティング業務に従事。メーカー、通信事業者の新規事業戦略、マーケティング戦略、オペレーション戦略などの分野で幅広いコンサルティング経験を有する。グロービスでは2006年の大学院設置認可、さらに2008年の学校法人設立など、開学から2016年3月まで10年にわたり事務局長として大学院運営にたずさわってきた。現在は教員としてテクノベートシンキング、ビジネスアナリティクス、ビジネスデータサイエンスをはじめとする思考系、テクノベート系科目の科目開発、授業を担当するほか、グロービスAI経営教育研究所(GAiMERi)の所長としてAIを使った次世代の経営教育を創るべく研究開発に時間とエネルギーを使っている。

体験クラス担当教員より

こんにちは 体験クラスを担当する鈴木健一です。


とあるテレビ番組でも有名な鑑定士の決め文句に「いい仕事してますね」という台詞があります。もちろん古美術をつくってきた職人達の仕事ぶり、仕事観に言及したものですが、「いい仕事してますね」といわれるような仕事がしたい、という思いは皆さんのビジネスでも一緒ではないでしょうか。

では、ビジネスで「いい仕事」をするためには何が必要なのでしょうか?


高い視座、広い視野、鋭い視点の3つが必要だとよく言われます。


【視座】誰の立場でものを見ているか、ということで高い、低い、という形容で表現されます。単に自分の業務範囲で仕事を捉えるのではなく、そのサービス、商品が会社にとって戦略的にどのような意味があるのかを経営者の目線、視座を意識して考えてみる。高い視座を持つことは、仕事の全体像がわかり、結果として、いい仕事につながる。ただ、視座の重要性がわかっても実際に自らの視座を上げることは難しいのが現実です。グロービスではケースメソッドという形で半ば強制的に視座を上げ、皆さんに経営者の目線で考えてもらうことになります。


【視野】視座が上がれば当然見える範囲、視野も拡がります。広い、狭い、という形容されますね。経営者の目線では、その仕事の戦略的な意味合い、会社の資金繰りに与える影響など、考えるべき視野が広がってきます。グロービスのカリキュラムはまさにビジネスに必要な視野を体系化したリストです。ビジネスに必要な、

「思考系」、「ヒト系」、「モノ系」、「カネ系」のそれぞれの分野で皆さんに足りない視野は何でしょうか。ぜひチェックリストとしてカリキュラムマップをご覧ください。


【視点】それぞれの視野で、具体的にどのような点でものを見るのか、考えるのか、が視点になります。鋭い、鋭くない、という形容で表現されるものです。例えば、新興国の市場に参入しようとしたら、まず何を考えなければならないのか。グロービスの各科目ではまさにこの考えるべき視点を学んでいきます。今回の体験クラスでは、視座を高め、視野を広め、さらに視点を鋭くする場としてのグロービスを体感いただきます。「いい仕事をしたい」そんな皆さんにとって、自らの能力開発を考える機会となれば大変うれしく思います。


当日、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

体験クラス参加検討者の皆様のよくある質問

  • LINEで送る

体験クラス&説明会(キャンパス開催) ページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。