浜田 悦子さん

浜田 悦子さん

書籍を読んだだけでは、全く自分のものにならないと痛感

NTT西日本(NTTマーケティングアクト)
西日本CRMサポートセンタ センタ所長

浜田 悦子さん

詳しいプロフィールはこちら

受講を考えたきっかけや動機は何ですか?

管理職になって、壁にぶつかった

グロービスとの最初の出会いは、会社の指示で受講した「クリティカル・シンキング」でした。とても面白かったのですが、その後すぐに継続受講はしませんでした。

本格的に学びたいと思うようになったのは、管理職となってからでした。そのとき、組織のマネジメントに苦しみ、自社の戦略と現場とのギャップに悩むようになっていました。そこで「クリティカル・シンキング」を受講した際の実践的な授業を思い出し、それをきっかけに、組織やリーダーシップについて学べる「リーダーシップと人材マネジメント基礎」を受講しました。

受講を決めた最大の理由は何ですか?

書籍を読んだだけでは、全く自分のものにならないと痛感

「リーダーシップと人材マネジメント基礎」を受講して、自分の無知に気づかされました。知らないことだらけと言ってもよい状態でした。

持っていたグロービスの「MBAマネジメントブック」という書籍も、知識をインプットしただけで、全く自分のものになっていない状態だと気が付きました。ヒト系の領域以外にも、経営戦略やマーケティング、アカウンティングといったモノ・カネ領域も勉強しなければ組織を動かしてはいけない。そういった焦りを感じたのを覚えています。

グロービスで学ぶ魅力は何ですか?

学ぶことが楽しくなる

学ぶことが楽しくなるという一言に尽きます。毎回、良い意味で裏切られる授業、刺激的なクラスメイト。自分にない発想に触れて、多種多様な業界の知恵を知ることができる環境で、想像した何倍も有意義な場でした。

また、グロービスにはこれまでの知識詰め込み型の勉強とはまったく違う学びがありました。中でも実践性を重視する自分にとても合った学びだと実感したのは、グロービスならではのケースメソッドでした。ケース(企業事例)をもとに、自分がその経営者の立場になり、自分なりに考え、解を導き出し、講師の巧みなファシリテーションのもとクラスメイトとディスカッションする授業は、数多くの管理職としての意思決定の疑似体験ができ、実践力が付きました。

どんなスキルが身につきましたか?実務に活かせた具体的な事例はありますか?

経営課題を他責にするのではなく、自らが解決していくマインドに変わった

一言で言うと、仕事の生産性が格段に上がりました。「クリティカル・シンキング」で考え方のメソッドを身につけたことで、押さえるべきポイントを常に考えるようになり、細部にわたってヌケモレに目を配るようになりました。

部下からすると、少しうるさい上司になってしまったかも知れませんが(笑)、仕事の手戻りがなくなったり、全体感を持って仕事するようになるなど、効率がとてもよくなりました。

また、仕事に対するマインドが大きく変わりました。グロービスで学ぶ動機の1つであった「戦略と現場とのギャップ」についても、他責にするのではなく、自分から動いて変えることができると考えるようになりました。課題に気づいた自分には、それを解決する責任があり、そのために学んでいる。そう考えるようになったのです。

受講を決める際に、何か不安はありましたか?

学習に充てる時間が取れるかどうか

勉強する時間がとれるかどうかを最も心配していました。当時は管理職となったばかりで、仕事にもまだ慣れておらず、平日の帰宅はかなり遅い時間になっていました。

中学生の娘もいましたので、仕事と家庭を両立した上で、どの程度の勉強時間を確保すれば、課題やレポートに対応できるのかが気がかりでした。

仕事との両立はいかがでしたか?

仕事や生活にメリハリをつければ、時間は作れるものだと気がついた

平日の帰宅時間は相変わらずでしたが、学び始めると可能な限り早く帰りたいと考えるようになり、仕事にメリハリをつけるようになりました。

グロービスでの学びを優先するために諦めたことはまず、会社での付き合いの飲み会への参加。また、特に決まった番組以外はテレビを見なくなりました。それで何とか時間が作れることがわかりました。

自主勉強会や懇親会に参加された感想は?

授業だけでなく、自主勉強会や懇親会も含めてグロービスの学び

勉強会や懇親会には、かなり積極的に参加してきました。授業の時間だけだと3時間×6回ですが、勉強会やディスカッションボードでのやり取りで、さらなる学びを得ることができます。

さらに、懇親会の場では、自分と異なる業界の方の考えを聞くことができます。勉強会や懇親会での学びを合わせてグロービスの学びと捉えなければ、損になると思います。受講から数年たった今でも懇親会が続いているクラスがあります。ともに学んだ仲間たちとのネットワークは、今や心の拠り所ともなっており、素敵な講師やクラスメイトとの出会いに感謝しています。

プロフィール

浜田 悦子さん

和歌山大学卒業後、NTTに入社。20代は中小及び大企業の営業職、30代は子育てしながらコンシューマー系の営業企画に従事。40代は管理職として、センタマネジメントや営業企画業務を行い、現在は約600名のセンタのマネジメントを担う。

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

浜田 悦子さんのページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。