原田 周さん

原田 周さん

共に学ぶ仲間からたくさんのエネルギーをもらえる

森永乳業株式会社
西日本支社 神戸支店 市乳販売課 マネージャー

原田 周さん

詳しいプロフィールはこちら

受講を考えたきっかけや動機は何ですか?

このままで成長できるのか不安に思うようになった

20代は必死に働くことで経験が積み重なり、成長できたという実感がありましたが、30代に入ってから、このままで成長し続けられるのかと不安に思う機会が増えました。

そうした中、会社でグロービスが提供する研修を受けたのです。グロービスの研修は、マネジメント・スクールの授業と同様にディスカッション形式。能動的に参加することが求められ、テンポ良くスピーディーに進むもので、とにかく面白かった。研修でこれだけ楽しいのだから、他の会社の方々と議論できるスクールに通ってみたいと考えるようになったのがきっかけです。

受講を決めた最大の理由は何ですか?

独学では決して得られない学びがある

グロービスの授業は講師が一方的に話し続けるものではなく、講師と受講生もしくは受講生同志で双方向でやり取りしながら進みます。

ビジネス経験豊富な講師と、さまざまな業界・職種・年代の受講生とが交わすやり取りには、それまでの自分では考えたこともなかった視点、1人での学びでは決して得られない気づきがあり、毎回深い議論ができます。答えに迷うときには今でも、あの講師ならどんなアドバイスをくれるだろうか、あの仲間ならどう考えるだろうかと自分に問いかけ、自身の考えの幅を広げ、深く思考できるようになりました。

グロービスで学ぶ魅力は何ですか?

共に学ぶ仲間からたくさんのエネルギーをもらえる

まずは、とにかく実践的な授業。授業で学んだことを実務ですぐ活かせる点が、最大の魅力です。

グロービスではさらに、多様なバックグラウンドを持った問題意識の高い仲間とのディスカッションを通して、多くのポジティブなエネルギーをもらうことができます。仕事との両立が苦しいときもありましたが、授業や実務での仲間の頑張りを見聞きすることが大きな刺激になり、あきらめずに学び続けることができました。実務で苦しんできるときこそグロービスで学ぶことで、仕事に立ち向かう力をもらえると思いますよ。

どんなスキルが身につきましたか?実務に活かせた具体的な事例はありますか?

自信をもってやるべきことを伝えられるようになった

クリティカル・シンキング」「マーケティング・経営戦略基礎」の授業を通じて、自分の考えを整理して周囲にわかりやすく伝えられるようになりました。

「お客さまがその価値を求めているのはなぜか?」「他社はそれをいかに実現しているのか?」「お客さまのお客さまは誰なのか?」「本当の意思決定者は誰なのか?」「自社としてどのような提案をすべきなのか?」「それを周囲に伝える際にどうすれば納得してもらえるのか?」など、課題を分解し、答えを出すべき問いを考え、シンプルに整理することで、自信をもってやるべきことを伝えられるようになったと考えています。

受講を決める際に、何か不安はありましたか?

仕事と両立できるのだろうか、授業についていけるだろうか

「仕事と両立できるのだろうか」「授業についていけるのだろうか」といった不安を感じていました。

しかし、学び始めると「学ぶことは楽しい」「講師や仲間と学び続けたい」「必死に考えれば、確実に自分の力になっていく」と感じるが機会が日増しに増えていきました。受講を検討し始めた際、「今、グロービスに飛び込まなかったら一生後悔する」と決断したことは、今も正しかったと考えています。そして、受講を終えた今でも、「実務で学びを活かしていこう」「学び続けていこう」という前向きな気持ちにつながっています。

仕事との両立はいかがでしたか?

空き時間を活用、計画的に時間を使うことで仕事の生産性も改善

早朝、家族の起床前にケース(企業事例)を読み、通勤時間には頭の中でケースを思い出しながら課題について考え、昼休憩でそれを整理する――こうしたサイクルで、空き時間を活用していました。

これを平日に行うだけでも、1週間で5時間は捻出できます。仕事をしながら学ぶためには、今までより時間を上手に使っていかねばなりません。そのお陰で、自分で決めた時間内に仕事を終える意識が強くなり、仕事の生産性も上げることができました。

自主勉強会や懇親会に参加された感想は?

学びを深め、仲間との距離を近づける場

受講後に学んだ内容を振り返り学びを深めるためにも、また共に学ぶ仲間との距離を近づけるためにも勉強会や懇親会はとても有意義な場だと思います。

授業でわかったと思っていたことでも、仲間と振り返りをする中で、自分自身の考えの浅さに気づかされることが多々ありました。懇親会で、他愛ない会話ももちろん交わすのですが、仕事で抱えている課題やこれまでのビジネス経験を話し合ううちに仲間意識が芽生え、回を追うごとに授業での深い議論につながっていったように思います。

受講料についてどう感じていましたか?

より高いステージに進むためと考えれば決して高くはない

ビジネス経験豊富な講師や、グロービスに通わなければ出会うことがなかった仲間たち。こうした学びの場は、グロービス以外にはありません。

自分1人で学びを深めたり、学び続けようという気持ちを持ち続けるのはとても難しいものです。しかし、グロービスで成長意欲の高い仲間や熱い講師の皆さんから多くのエネルギーを得られたからこそ、その後も継続して受講しようという気持ちにつながったのだと思います。学び続けることで、より高いステージに登ってみたいという気持ちがより強くなりました。こうした点から、受講料は決して高くはないと考えています。

プロフィール

原田 周さん

立教大学卒業後、森永乳業株式会社に入社。入社から一貫して営業部門に在籍し、営業チームのチーフを経て、現在はスタッフとして企画、営業支援に従事。コーポレートスローガンである「かがやく“笑顔”のために」を実現するべく邁進中。自社の商品、サービスを通じて顧客、社会へ笑顔を届けるため、グロービスでの学びを実践している。

体験クラス&説明会

グロービスでは「体験クラス&説明会」を開催しています

各キャンパスの雰囲気や、実践性を重視したグロービス独自の授業スタイルをご自身の目で確かめてください。

  • LINEで送る

原田 周さんのページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。まずはお気軽に体験クラスへお申込みください。