大倉 裕史

アカウンティング基礎講座

講師紹介

大倉 裕史

大倉 裕史Okura Hiroshi

同志社大学工学研究科修了、シカゴ大学経営学修士(MBA)、米国公認会計士(ワシントン州)

大学院修了後、SAP Japanに入社。管理部門にてUSGAAPおよびIFRSでの収益認識などのファンナンス分野を経験した後、Salesforceの財務戦略部門長として日本および韓国全社の中長期経営計画、年次予算策定などに従事。その後、Automation Anywhereにて、アジア太平洋地域のファイナンス部門責任者としてアジア各国の管理会計および内部統制を構築。現在はMoneytreeのCFO(最高財務責任者)。

クラス運営方針
“財務数字とビジネスのつながりを感覚的につかむ”
アカウンティングクラスを通して皆さんに持って帰っていただきたいポイントです。ビジネスは数字の世界。その数字を理解するための共通言語である“会計”。この“会計”を通して財務諸表にどういったビジネスの実態が浮かんでくるのかを感覚的につかみ、最終的にはその感覚に基づいた意思決定ができるようになっていただきたいと思います。そのため授業ではできる限り一つ一つのルールに入り込みすぎないよう、全体の森を常に見ながら議論していきたいと思います。事前に自身で考え、手を動かし、そして当日議論をぶつけていく事で感覚は洗練されていきます。是非皆様の積極的なご参加お待ちしております。

担当科目

アカウンティング基礎講座を受講した受講生の声

大倉 裕史 のページです。GMSなら幅広いカリキュラムを1科目から受講可能。