セミナー詳細

「私の経営に対する考え方 ~武田薬品のグローバル経営とリーダーシップ~(仮)」

長谷川閑史グロービスでは第一線で活躍されている企業のトップや文化人をゲストにお招きし、
経営者の視点や実践的な考え方を学ぶ場として、四半期に一度、「トップセミナー」を
開催しております。

今回は、武田薬品工業株式会社 代表取締役社長の長谷川閑史氏をお迎えいたします。

長谷川氏は1970年に武田薬品工業に入社され、医薬国際本部長、経営企画部長を経た後、
1999年に取締役、2003年に代表取締役社長に就任されました。
シカゴにてTAPファーマシューティカル・プロダクツ(米アボット・ラボラトリーズ社との合弁会社)の社長を歴任するなど、 同社きっての国際派として知られています。その国際感覚は、前社長であり現会長の武田國男氏からも高く評価され、 グローバル経営を推し進める同社の社長に就かれることとなりました。

当日はタケダイズムでも有名な同社の経営理念、長谷川氏の考えるリーダーシップをお話いただきます。
また、グロービス経営大学院 学長堀義人との対談や、参加者の皆様との質疑応答も予定しております。
お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

なお、大阪校・名古屋校では同時TV会議中継にて講演をご覧いただくことになりますが、質疑応答時にはご質問いただくことができます。

■日 時 :
2009年02月27日(金) 19:00 ~ 21:00
■場 所 :
グロービス東京校(講演)
グロービス大阪校(同時TV中継)
グロービス名古屋校(同時TV中継)

■タイムスケジュール
●19:00~
長谷川閑史様ご講演     
対談 長谷川閑史様/グロービス経営大学院 堀義人     
質疑応答(大阪校・名古屋校からも質問を承ります)
●20:40~
終了予定     
※その後、東京校では名刺交換会を予定しております

スピーカープロフィール

長谷川閑史〔はせがわ・やすちか〕氏
武田薬品工業株式会社 代表取締役社長
日本経済団体連合会 評議会副議長 アメリカ委員会 委員長

1946年山口県生まれ。1970年早稲田大学政治経済学部卒業後、武田薬品工業入社。
医薬国際本部長、経営企画部長を経た後、1999年に取締役、2003年に代表取締役社長就任。
シカゴにてTAPファーマシューティカル・プロダクツ(米アボット・ラボラトリーズ社との合弁会社) の社長を歴任するなど、米国生活は延べ10年を数える。 
2006年より経済同友会副代表幹事に就任。