クリティカル・シンキングの次のお勧め科目

課題の分解や問題解決の枠組みを早く正確に導くには、思考力に加えて、各分野のフレームワークの修得も大変効果的です。
「クリティカル・シンキング」後にお勧めの科目をご紹介します。

得意先に「我が社の経営環境を君はどう捉えている?」と問われた。

「マーケティング・経営戦略基礎」

マーケティングでは持続的に売れる仕組みを学び、経営戦略では企業が持続的な競争優位を築く方法を学びます。これらのノウハウはビジネスのあらゆる場面で役にたちます。「マーケティング・経営戦略基礎」のクラスでは、環境分析や自社の強み、マーケティング・ミックスなどの基本的なフレームワークを学び、演習やケースを通じて実務に使えるレベルにまで高めていきます。

数字は苦手。しかし、財務諸表を見るだけで、企業活動をイメージできるようになりたい。

アカウンティング基礎

アカウンティングは企業活動の結果をお金の出入りから見る「ビジネスの共通言語」です。財務諸表を読み解くことができれば、企業の戦略や課題を数字で語れるようになります。「アカウンティング基礎」のクラスでは、BSやPLの読み方といった基本的なことから、2社の財務諸表を比較して戦略の違いを読み解く演習を行うことで、財務諸表を読み解き、ビジネスの全体感を掴むためのスキルを養います。

クリシンではDAY5の定量分析がどうも苦手だ。数字で相手を説得したい。

ビジネス定量分析

クリシンでは論理的に考える、そして相手にわかりやすく伝えるということを学んでいますが、言葉の論理性に加えて、ビジネスで必ず求められるのが、「数字」のはずです。クリシンが言葉を使った論理力の強化を目指したものであるならば、「ビジネス定量分析」は数字に基づいて説明したり、問題解決したり、判断したりする能力を高めます。難しい数学は扱いません。簡単なエクセル操作ができる方であれば、どなたでも受講できます。