受講生の声・評判

質問「自主勉強会や懇親会に参加された感想は?」の受講生の声が19件あります。

グロービスに通う人だけの特権

社外の方の考えや知識に触れられる自主勉強会や懇親会は非常に刺激的でした。自分の考え方は結構通じるなと思ったこともあれば、自分はまだまだだなと思ったことも多々あり、自分を客観的に見られる良い機会を得られました。成長意欲の高い社外の人たちと関われることを楽しみにしていたのですが、この部分は期待以上でした。特に懇親会ではお酒が入るので、年齢も立場も関係なく、フランクに話せるので本当に楽しかったです。こういった機会は、恐らくグロービスに通わないと持てないのではないでしょうか?ビジネススクールというと、多くの方がスマートで、できる人しか通っていないというイメージを持たれると思いますが、グロービスはとてもアットホームな場所なので、必要以上に自分でハードルを上げなくていいと思いますよ。

下田紘郎さん

三菱UFJ信託銀行
下田 紘郎さん
グロービスとの出会いが私の世界を広げてくれた

受講するからには全部にコミットしたいと考えていたので、勉強会や懇親会には積極的に参加しました。みんなで学ぶメリットも大きいのですが、課題についてだけではなく、お互いの仕事やプライベートのことなども話すことができたので、クラスが終了しても繋がっていられるような関係がつくれたのだと思います。また、クラスメイトが広報担当者同士の集まりを紹介してくれて、その勉強会に参加するようになり同じ広報業務の方々との繋がりもできました。グロービスとの出会いが私の世界を広げてくれたと思います。

栃内明華さん

シミックホールディングス株式会社
栃内 明華さん
広報担当
授業の時よりも、踏み込んだ話が聞ける時間

勉強会は様々なやり方があると思いますが、復習の勉強会をやるときはそれぞれ自分の会社や業務に置き換えて「気付いたこと」を言い合う、という方法がシンプルで大きな学びを得ることができますね。もちろん授業中、講師が重要なポイントを押さえて進むのですが、同じことを学んでも、それぞれの業界や会社規模、仕事において感じることや、「これが重要だ」と感じることは異なります。もしかすると、授業以上に勉強になっているかもしれませんね(笑)。
懇親会は講師の方も参加することがあり、「自分が仕事をどうやっているか、やってきたか」などの話なんかも聞けることもあるので、まだ若手である自分にとってはありがたい場ですね。

國信健一郎さん

NIPRO Pharma Vietnam Co.,Ltd.
國信 健一郎さん
お互いの会社の話をすることで、幅広い学びの場に

自分が勉強会を仕切ることになった時のコーディネーション能力が問われましたね。みんなを盛り上げたり、来て良かったと思ってもらえるようなまとめ方を考えました。勉強会の日程は自分が参加できる日をどんどん設定していました。積極的に行動していくと一番吸収率が高いと思います。
また、授業に参加してただ帰ってくるだけでなく、その懇親会も互いの会社、プライベートの話をすることで幅広い学びの場になっていると感じています。

菊池直子さん

大手総合商社
菊池 直子さん
マネージャー
授業と同じくらい、勉強会も懇親会も学びの場

勉強会はせっかくグロービスで学ぶのであれば、可能な限り参加してほしいですね。勉強会では、授業の復習をやるにしても「自分はこう思った」「こういう側面から考えた」という話をするんですが、人によって様々な考え方があり、授業の時に気が付かなかった視点がまだあるのか!?と教えられます。そういった意味で、授業と同じくらい価値があると私は思っています。それとグロービスでは授業のあとに懇親会といって軽くお酒も入れながらみんなで食事をするのが習慣ですが、これが会社の愚痴を言い合ったりするのではなく、会社をこうしていきたいというように、妙に前向き(笑)な席で良い刺激を得られます。この懇親会も可能な限り参加したほうがよいと思いますよ。

新保紀夫さん

株式会社オージス総研
新保 紀夫さん
勉強会や懇親会に参加してこそのグロービス

勉強会にはほとんど参加しました。クリティカル・シンキングの時には規模も大きく、毎回10名程度の参加者がいたと思います。勉強会に参加すると、色んな人の考えが聞けて、予習・復習の度合いが非常に深くなるのでありがたかったです。個人的には、勉強会があってこそ、グロービスのクラスを網羅したと感じることができると思っています。また、懇親会もほとんど参加しました。懇親会では受講生同士で今どんな本を読んでいるかなんて話をして盛り上がったりするんです。また、それぞれの会社や仕事の話にもなるので、自分とは全く違う業種の方がどんな仕事をしているのかも聞くことができ、すごく刺激的で勉強になりました。

小野さやかさん

外資系金融機関
小野 さやかさん
シニアアソシエイト
消化しきれないほどの多くの学びを、勉強会で消化

グロービスの授業は1回3時間です。受講する前は「3時間なんて長すぎるだろう」と思っていました。でも実際にクラスが始まると「あっと言う間」なんです。時間が足りないくらいでした。多くの事を学ぶのですが、消化しきれずにモヤモヤしているところもあります。そのモヤモヤを私は勉強会で解消するようにしていますね。勉強会までに何がモヤモヤしているかを整理しておいて、その場で皆さんの意見を聞くんですね。そうすると様々な角度から解釈を聞けるので、モヤモヤが晴れて、スッと消化していくことができますね。
勉強会は忙しい人ほど参加していただくと良いかもしれません。1人で学ぶよりも脳が活性化しますので、効率的に学ぶことが出来ますよ。

近喰裕さん

川崎重工業株式会社
近喰 裕さん
基幹職
社内での「スモール勉強会」と純粋に楽しい懇親会

クラスメイトで自主的に集まる勉強会には、業務の都合で参加することができなかったのですが、社内で同じ科目を受講している同僚と「スモール勉強会」を開催していました。一方、クラス後の懇親会は、様々な業界や職種の方と交流できる場として積極的に参加していました。会社経営をされている方や遠方から通われている方もいて、普段の仕事だけではお会いできない方々と深く話し合えたりできたことが、刺激的で、純粋に楽しかったです。

三浦智美さん

日本マイクロソフト株式会社
三浦 智美さん
実体験を聞くことで、より深い理解を得る場

勉強会は授業で理解しきれなかったことの確認の場でもありますが、他の人の考え方を学ぶことができる場だと思っています。クラスの課題に対して、どのように考えたのか?どういう問題意識を持ったのか?など異業種の方の考え方を知ることができるのは、異業種との交流が少ない私にとって非常に参考になりますね。
懇親会は毎回の授業の後に誰かが幹事となり、開催されていました。食事をしながらリラックスした中で皆さんの実体験などを聞けるので、より深い人的ネットワークを広げるのに役に立っています。

塚田隆広さん

オムロンソーシアルソリューションズ株式会社
塚田 隆広さん
執行委員長
良い意味での「脱線」が思考の広がりを生む

勉強会は必ずと言っていいぐらい脱線します。予習や復習が主ですが、「うちの業界なら…」「うちの会社なら…」となる。それは教材やケースにはない生の情報です。その情報が貴重なんです。1つのケースに留まらず、知識や情報が膨らんでくるんですね。
勉強会ではハンドアウト(授業後に配られるレジュメ)の読み合わせをよく行います。読み合わせを行っていると、自分の解釈と他の人の解釈が違っていることがよくあって、自分の勘違いを気づかせてくれることもありますし、違う角度からの見方をすることで、全く別のものを見えてくるという新たな気づきもありますよ。
懇親会については、初めは避けていました。社外でまで、お付き合いの飲み会には参加したくないと思ったからです。でも実際に行ってみると想像していたものとは違いました。勉強会と同じで、授業の延長で「あの時、自分ならこうした…」とか、「うちの会社ならこうすべき…」といった話が真剣に交わされていました。今では、学びを深めるためにもできるだけ懇親会には参加するようにしていますね。

田中聡さん

田辺三菱製薬株式会社
田中 聡さん
マネージャー

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み

受講生の声 TOPへ戻る