レベルチェックテスト(科目選びのご参考に)

レベルチェックテスト【マーケティング・経営戦略編】(全12問 所要時間約15分)

1. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)において市場成長率が低く、相対的市場占有率も低い事業を( )と呼ぶ。




2. M.ポーターの「5つの競争要因」にあてはまらないものを選びなさい。





3. 「使い捨てコンタクトレンズ」は以下のどのセグメンテーションの切り口から生まれたものか。




4. プロダクトライフサイクルに応じたマーケティング戦略として適切なものを選びなさい。




5. マーケティングの役割に関する以下の文言で、もっとも適切でないものを以下より選びなさい。




6. 以下の文章を読んで設問に答えなさい。

自動車の販売前線に「異変」が起きつつある。
買い替え需要が上向く中ではあるが、値引き販売の過熱ぶりをよそに、消費者の財布のひもは予想以上に固い。
メーカーの販促奨励金を投入したり、メーカーが登録費用の6割を負担する形で試乗用の車を2、3倍に増やすなど、
メーカーの支援を受けながら販売店は販売目標の達成を目指している。
ただし、試乗車はディーラーが自ら登録する自社登録者であり、
メーカーに登録費用の一部を肩代わりしてもらうとはいえ、ディーラーの費用負担は決して軽くない。

販売店独自の動きも活発になっている。
千葉トヨペットは営業所内に併設していたフォード車コーナーを拡充する。
日産サニー湘南販売も同様に、新しいフォード販売店がオープンする。
輸入車を含めて複数メーカーの販売権を持つ「メガディーラー」への第一歩である。

メーカーやディーラーの間にも消費者の声を積極的にくみ取ろうという動きが芽生え始めた。
かつては注文から納車まで一ヶ月以上かかる車種もあったが、ここへきて月単位から週単位、
さらには日単位へと急速に短縮。
同時に、車以外の小売業と組み合わせた店づくりに挑戦する動きも出てきた。
神奈川トヨタは本社ビル内に直営のマウンテンバイク販売店やレストランなど9店と一体化したショールームを開設する。
相乗効果で集客力を高めようという作戦だ。

6-1. 各社は、納車期間の短縮によって価値連鎖上の( )の部分で付加価値を上げようとしている。




6-2. メガディーラー化はアンゾフの事業拡大マトリックス上の( )にあたる。




6-3. なぜ自動車販売以外の小売業との共同出店を始めたのか。




6-4. 現在の自動車メーカーの競合状況について「5つの力」分析を行う。
以下の要素のうち、収益性の圧迫要因として一番重要度が低いのは( )である。




6-5. 自動車製造業界はアドバンテージマトリックス上の( )にあたる。




7. 次の表はコンビニエンスストアA店とB店の売上構成を表したものである。
この表、及び両店の店主のコメントをもとに、次の設問に答えなさい。

A店店主コメント
「当店では昨年より特に日用品の品揃えを充実させました。
その結果が売上の大幅増につながったのだと思います。」

B店店主コメント
「去年うちの近所に大型スーパーが建ってしまい、
その結果売上が大きく落ち込んでしまった。」

  A社 B社
  95年 97年 95年 97年
売上高 3 5 3.5 5
食料品 55% 50% 45% 40%
日用品 25% 40% 35% 40%
雑誌・書籍 10% 5% 10% 10%
その他 10% 5% 10% 10%
合計 100% 100% 100% 100%

7-1. 上記の情報から、コンビニエンスストアの業界について言えることを選びなさい。




7-2. A店店主のコメントをもっとも強く補強する事実を選びなさい。




Reset