講師紹介

マーケティング講座 - (MKT)

金森 努 Kanamori Tsutomu

講師略歴
東洋大学経営法学科卒。マーケティングコンサルタント。幅広い業種で様々なマーケティング及び戦略課題の解決を行っているが、強いていえな言えば「作ってしまったが売れなかった商品の改良・復活・テコ入れ」を得意領域とする。
経歴は、大学卒業後、大手コールセンターに入社。本当の「顧客の生の声」に触れ、「この人はなぜこんなことを聞くんだろう」「こんなものを買うんだろう」と「消費者行動・購買行動」などに強く興味を持ち、さらにマーケティングを深く突き詰め、消費者心理の深淵を突き詰めようと志を新たにし、以来マーケティングの現場で四半世紀を過ごし「マーケティング職人(Meister)とも名乗る」。コンサルティング会社、広告会社を経て、2005年に独立。有限会社金森マーケティング事務所を設立。
兼任で青山学院大学経済学部非常勤講師として「ベンチャービジネスとマーケティング論」を14年間担当しており、常に熱心な学生からは人気の講座で卒業と同時に起業した学生も多くいます。
コールセンターで「顧客の生の声に触れた」ことから、一貫してマーケティングにおける「顧客視点」の重要性をクラスやセミナー、コンサルティングの現場で説いています。
その一方、この日本が刻々と衰退していく厳しい時代、企業は残りのためには「マーケティング」や「経営戦略」よりずっと長い歴史の中を持ち、多くの先達達が編み出した「戦略論」も常に意識すべきと解いています。
戦場の選び方・彼我の戦力比を考慮した戦い方の定石、そしてそもそも「この戦いは何にために行うのか」と将たる経営者の覚悟を問う。
また、戦略もマーケティングも、社内外の「人」が動いてこそなり立つもの。さらには「金」の動き、動かし方が判らなければ戦略も立てられなければマーケティングのプランも考えられません。
グロービスでは「人系科目」「金系科目」は担当していませんが、当然、コンサルティングの実務の中ではその領域にも立ち入ってプラン策定を行っているので、その一端もクラスで伝えられるようにしたいと考えています。
著書は10数冊ありますが、最も評判が良く売れているの「最新版・図解 よくわかるこれからのマーケティング」(同文館出版)で、全国の大学のマーケティングの授業や企業研修で数多く使われており1万部完売の時点で、96年10月・改版し「最新版」として内容を大幅に刷新し発売。97年3月から5ヶ月で初版完売。7月に内容を若干改訂し第2版発売予定。

「グロービス知見録」にもコラムを多数寄稿。
「それ行け!カナモリさん」http://globis.jp/category/15(159回連載・終了)

「知りたい!ヒットの舞台裏」 http://globis.jp/category/247 (34連載・休載中)
金森 努

クラス運営方針
私はマーケティングを考えるとき、常に「顧客視点」を持ち、マーケターも「一生活者」であることを忘れてはいけないと説いています。しかし、それだけでは「感覚的な発想」しかできません。「顧客視点」も各種のマーケティングフレームワークを使いこなし、そのフィルターを通してこそ、正しく機能できるのです。クラスでは常にホットな生活者の視点と、クールなマーケターとしての視点の両方を身につけていただきたいと思います。そのためにも、強力な「武器」となる各種のフレームワークとそれを使いこなした思考法をマスターしてください。それが成し遂げられれば、今までの自分の業務が全く違って見えるでしょう。

担当科目