講師紹介

マーケティング講座 - (MKT)

加治 慶光 Kaji Yoshimitsu

講師略歴
アクセンチュア株式会社 チーフ・マーケティング・イノベ―ター(CMI)
富士銀行、広告会社を経てケロッグ経営大学院にてMBA修了。日本コカ・コーラにてコカ・コーラ、ジョージア等担当。タイム・ワーナーにて映画宣伝部長として、“マトリックス”、“A.I.”等の作品を手がける。ソニー・ピクチャーズ移籍後バイス・プレジデントマーケティング統括として“スパイダーマン”、テレビアニメ”鉄腕アトム”などに関わる。その後、日産自動車にて高級車担当マーケティング・ダイレクターとしてシーマ、フーガ、ティアナ、ティーダ、スカイライン、NISSAN GT-R等の市場戦略構築・実施を指揮後、関連会社オーテックに出向海外事業部部長に。米、欧、亜における海外事業戦略構築・実施を担当。後2016東京オリンピック・パラリンピック招致委員会にエグゼクティブ・ディレクターとして出向、帰任しゼロエミッション事業本部主管兼グローバルマーケティング本部主管として、Nissan LEAF世界導入に参画。2011年より内閣官房官邸国際広報室参事官として、震災対応、ソーシャルメディア、2020招致、ダボス会議等を担当。2014年2月より現職。ケロッグクラブオブジャパン会長。グロービス・パートナーファカルティ。
加治 慶光

クラス運営方針
経営者としての視点を念頭に全企業行動を意識した上でマーケティングを位置付け、戦略を選択していく方法を身につけていただくことを最優先しています。マーケティング・企業戦略の基礎的フレームワークや分析方法はある程度身につけていただいていることを前提としています。

クラスでは、主観に頼った感覚的要素はできるだけ廃し、重要なファクトの抽出と客観的分析に重きを置き、”戦略における論理的整合性”を肌で感じていただけるようにしたいと思っています。

また、ケースの詳細な分析・深堀よりも、ケースでの学びを実際のビジネスで運用することに習熟するために、私自身の実際の経験やグローバルに現実に起こっている事例と結びつけ、フレームワークや意思決定の難しさやマーケティングの最先端を実感していただくことに優先順位を置いています。

担当科目