講師紹介

クリティカル・シンキング講座 - (CRT)

中里 基 Nakazato Motoi

講師略歴
慶應義塾大学理工学部卒業
同大学院理工学研究科修了
マーサージャパン(M&Aアドバイザリーサービス)、コーポレイトディレクション(CDI)等での戦略コンサルタント/プロジェクトマネージャー、株式会社企業再生支援機構でのターンアラウンドマネージャーを経て、現在株式会社リブセンス経営企画部長。
2016年より、後継者問題の背後に存在する根本的な経営課題を解消し、円滑な事業承継を支援する経営顧問・M&Aアドバイザリー会社である日本橋事業承継パートナーズを設立、代表理事に就任。

東洋経済オンラインで、「企業再生のリアリズム」連載中
http://toyokeizai.net/category/kigyou-saisei

日経ビジネスオンラインで、「福島発 会津バス再生への物語」を連載(過去)
【第1シーズン】
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110708/221367/

【第2シーズン】
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120305/229461/
中里 基

クラス運営方針
昨今、ロジカル(クリティカル)シンキングというものが、万能のビジネスツールとして声高に喧伝されています。重要であることも強調されることにも異論はありませんが、あたかも道具やノウハウのように単純化して語られることには大きな違和感をいだいています。

本来ロジカル(クリティカル)シンキングとは、ノウハウとして「覚える」ものではなく、ひたすらに考え抜いたその先にいつのまにか「身についている」ものです。

考え抜いた答えがシンプルであったとしても、そのシンプルさにはその思考の深さと比例するだけの意味があるということです。

このクラスは、偶像崇拝的に「ロジカルである」ことを手早く身につけようとするビジネスパーソンを量産することは目的としていません。わからないことに真剣に向き合い、ひたすらに考え抜き、追求する姿勢、ただそれだけを問うていきたいと思います。このクラスで皆さんと出会い、共に思考を深めていくことを楽しみにしています。

担当科目