ミシガン大学研究モデル

MBA用語集

ミシガン大学研究モデルカテゴリ:組織行動学・リーダーシップ

Michigan Leadership Studies

ミシガン大学研究モデルとは、「従業員重視」と「生産重視」という2つの相反する行動パターン軸で、リーダーシップ行動を定義する行動理論の2軸モデル。行動理論の1つ。

ミシガン大学社会調査研究所のリッカートらが、この立証研究を行なった。研究では、プルデンシャル生命の監督者を対象に行われた実験を通じて、「生産重視」のリーダーシップよりも、「従業員重視」のリーダーシップの方が高い業績を上げられることが証明された。すなわち、メンバーとの接触時間を多く持ち、気持ちの理解に努める、仕事に関する意思決定にメンバーを参加させる、といった行動パターンを持ったリーダーシップである。 「従業員重視」は要因重視、「生産重視」は結果重視として分類できる。

関連用語

行動理論  マネジリアル・グリッド  オハイオ州立大学研究モデル  トランスフォーメーショナル・モデル 

無料でグロービスのクラスが体験できます!もっと組織行動学・リーダーシップの理論をビジネスに活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

ミシガン大学研究モデルのような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービスマネジメントスクールなら、実際の企業の事例を用いた分析ディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。
「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

グロービスでは、定期的に無料の体験クラスを開催しています。
実際のクラスがどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができそうか?
体感していただくことが可能です。ぜひご都合の合うタイミングでお越しください。

説明会&体験クラス 東京校 大阪校 名古屋校 オンライン 仙台の方 福岡の方 RSS