見える仕組み

MBA用語集

見える仕組みカテゴリ:IT・オペレーション

見える仕組みとは、業務の活動状況の進捗状況や状態、実績を見えるようにする仕組み。

例えば、各部署での業務は他部署の業務と連鎖していると考え、業務の川上、川下に状況を見た目ですぐ分かる仕組みで知らしめるようにする。トヨタ生産システムで、各製造ラインに取り付けている表示の「アンドン」はその例である。各工程の機械が正常に稼働しているか停止しているか、異常が起こっているかを示して現場の状況をまわりに示している。 また、営業部門のように各営業担当者が個別に活動する場合には、結果はもちろん、進捗状況を見えるようにする、またそこで得られた情報や知見を共有化するためにナレッジを互いに見えるようにする、といった「見える仕組み」もある。さらに顧客の状況から受注、さらに受注後のフォローまでのプロセスを見えるようにすることで、顧客との関係性全体を管理するCRMを実現するために、「見える仕組み」は必要である。 お互いの活動が見えることで、良い意味での競争意識の醸成、何を改善すべきか、何を目指すべきかという業務上の価値観や判断基準の明確化、組織としてのあるべき姿への進化の継続性といった、組織面での効果もある。

関連用語

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)  PDCAサイクル