5つの力

MBA用語集

5つの力カテゴリ:経営戦略

Five forces Analysis

5つの力とは、業界の収益性に影響を与える要因を分析するフレームワーク。「業界内の競合」「新規参入の脅威」「代替品の脅威」「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」の5つの視点から、それぞれがどのように業界の競争ルールに影響を与えているかを考察し、業界の魅力度を測る。マイケル・ポーターが提唱した。5つの力とも呼ばれる。

事業戦略を立てる際のポイントは、企業とその環境との関係で見ることだ。しかし、業界の中での競争状況だけを見ていると、構造的な側面を見落とすことがある。企業の収益性は業界内での競争力のみで決まるわけではなく、業界そのものの収益性にも影響を受ける。そして、業界の収益性は業界構造によって規定される。このような観点から業界構造を分析する際に役立つのが5Fとなる。5Fを使用する際には、分析する業界の定義が重要だ。

なお、業界構造の決める5つの力は以下となる。

・業界内の競合
市場における企業間の競争状況。業界の収益性に影響を与える要素の一つで、その業界における同業他社との競争の激しさを指す。通常、寡占化が進んでいれば、競争は穏やかなものになるが、同程度の規模の企業がひしめいている場合、あるいは装置型産業で固定費が多いにも関わらず供給過剰な場合には、競争が激化する。また、撤退が難しい(撤退障壁が高い)業界では、競争が激化するとなかなか緩和しにくい。いったん投資した設備を他の目的に転用できない装置型産業などが、これに当てはまる。このような業界ではカルテルなどで守られるか、最後は合併と合理化を繰り返して生き残りを図る例が多い。

・新規参入の脅威
既存の市場・業界に新たな企業が参入することで、競争が激化する脅威。新規参入が容易な(参入障壁が低い)業界では、いったん業界の収益性が上がったとしてもすぐに参入者が増加し、競争の激化により収益性が下がってしまう。

・代替品の脅威
既存の製品・サービスの市場が、顧客にとって同様のニーズを満たす既存の製品・サービス以外のものによって奪われる脅威。ある業界の製品・サービスに対して、より費用対効果の高い代替品が出現すると、市場を奪われ、結果、収益性が低下する。例えば固定電話は、携帯電話に急伸により収益性を下げている。さらにマッチや万年筆のように、ライターや新種の筆記具にほとんど取って代わられるケースもある。

・売り手の交渉力
部品や原材料などの納入業者からの要求の強さ。売り手の交渉力が強くなるのは、寡占業界もしくは独占的技術を有する業界などで、買い手側は高い価格を受け入れざるを得なくなる。例えばインテルのCPUやマイクロソフトのOSのパソコン業界に対する交渉力などが挙げられる。

・買い手の交渉力
顧客が売り手に対して価格値下げや品質の向上などを要求する力の強さ。買い手の交渉力が強い場合、売り手の収益性は低下しやすい。ある企業が生産した商品を購入するユーザー、顧客の交渉力が強いと、売り手は値引きを要求され、収益が上がらない。一般に、強大な購買力を持ったプレーヤーに対して販売を行っている企業は大きな収益を上げることが難しい。この交渉力は価格弾力性、ブランド力、認知度、代替品、スイッチング・コストなど買い手にとっての選択肢の小ささや、買い手の数の少なさ(売り手にとっての選択肢の少なさ)等によって左右される。

関連用語

新規参入の脅威  代替品の脅威  買い手の交渉力  売り手の交渉力  業界内の競合企業 

無料でグロービスのクラスが体験できます!もっと経営戦略の理論をビジネスに活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

5つの力のような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービスマネジメントスクールなら、実際の企業の事例を用いた分析ディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。
「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

グロービスでは、定期的に無料の体験クラスを開催しています。
実際のクラスがどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができそうか?
体感していただくことが可能です。ぜひご都合の合うタイミングでお越しください。

説明会&体験クラス 東京校 大阪校 名古屋校 オンライン 仙台の方 福岡の方 RSS