20‐80のルール(20-80の法則)

MBA用語集

20‐80のルール(20-80の法則)カテゴリ:論理思考・問題解決

20-80 rule

20‐80のルールとは、構成要素を大きい順に並べた時、上位20%の要素で全体の80%程度を占めることが多いという経験則。

ビジネスに限らず様々なケースにおいて、一部の要素が全体のかなりの割合を占めることが経験的に知られている。ビジネスシーンでの典型的な例としては、「上位20%の顧客で売上げの80%を占める」「上位20%の商品で売上げの80%を占める」「故障原因の上位20%で80%の故障を説明できる」などがある。

ただし、あらゆるケースに20-80の比率が当てはまるわけではない。企業や業界によっては、それが10-90の場合もあれば、30-70の場合もある。20-80はあくまで経験上、最も頻繁に観察される比率にすぎない。したがって、ラフな目処として20-80を用いるのはかまわないが、正確な分析を期すのであれば、実データに基づいてパレート分析を行うことが望ましい。

20-80のルールはまた、仮説検証を行うときに、「100の手間をかけて100%の精度を狙うのではなく、20の手間で80%の精度まで検証できたら、次のステップに移ることが望ましい」といった意味合いでも用いられる。これは、ビジネスで最も重要な要素の1つであるスピードを意識させるための言い方であり、同じことを強調するために「Quick and Dirty」といった表現も用いられる。

関連用語

パレート分析 

無料でグロービスのクラスが体験できます!もっと論理思考・問題解決の理論をビジネスに活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

20‐80のルール(20-80の法則)のような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービスマネジメントスクールなら、実際の企業の事例を用いた分析ディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。
「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

グロービスでは、定期的に無料の体験クラスを開催しています。
実際のクラスがどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができそうか?
体感していただくことが可能です。ぜひご都合の合うタイミングでお越しください。

説明会&体験クラス 東京校 大阪校 名古屋校 オンライン 仙台の方 福岡の方 RSS