マルチ・ブランド戦略

MBA用語集

マルチ・ブランド戦略カテゴリ:マーケティング

multi-brand strategy

マルチ・ブランド戦略とは、ブランド展開の手法の1つで、複数の製品ブランドをポートフォリオに持つ戦略を指す。個別ブランド戦略ともいう。

ネスレ、P&G、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)などが、この戦略を採っている。例えばネスレ・ジャパンでは、「Good Food,Good Life」という企業スローガンの下、「ネスカフェ」や「キットカット」をはじめ、約20の独立した飲食料品ブランドを展開している。なかでもミネラルウォーターのカテゴリーには、「ペリエ」「ヴィッテル」「コントレックス」など7つのブランドを擁している。

マルチ・ブランド戦略は、同一カテゴリーで複数ブランドを展開することによる市場シェアの獲得、ブランド間のリスク分散による安定性といったメリットがある一方で、マーケティング資源の分散投資により非効率になる面もある。

これと対極的な手法としては、製品ブランドにファミリー・ブランドやコーポレート・ブランドなど上位の強力なブランド(マスター・ブランド、アンブレラ・ブランド)を冠する「ブランド・アンブレラ戦略」が挙げられる。

また、両者の折衷的なものとして、「アサヒ本生」や「Yahoo!BB」のように、マスター・ブランドに個別ブランドを組み合わせる戦略もある。マスター・ブランドの保証の下、個別のブランドの特徴もアピールできるが、ブランド体系が複雑になるため管理が難しくなり、一貫性が保てなくおそれがある。なお、既存ブランドに新しいブランドを結合することをサブ・ブランディングと呼ぶ。

関連用語

ブランド・アンブレラ戦略  マスター・ブランド戦略  サブ・ブランド戦略  サブ・ブランディング  ブランド  コーポレート・ブランド  事業ブランド  ファミリー・ブランド  製品ブランド 

無料でグロービスのクラスが体験できます!もっとマーケティングの理論をビジネスに活かしてみたいと思いませんか?

「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

マルチ・ブランド戦略のような経営の知識を実務で使いこなせるようになるためには、体系的な理解と反復トレーニングが必要です。

グロービスマネジメントスクールなら、実際の企業の事例を用いた分析ディスカッションで、知識が定着するまで学ぶことができます。
「分かる」だけで留まらず、「できる」ようになるために。

グロービスでは、定期的に無料の体験クラスを開催しています。
実際のクラスがどのように進んでいくのか?そこからご自身がどれだけ学ぶことができそうか?
体感していただくことが可能です。ぜひご都合の合うタイミングでお越しください。

説明会&体験クラス 東京校 大阪校 名古屋校 オンライン 仙台の方 福岡の方 RSS