ビジネス・プレゼンテーション講座

聴き手に理解、納得、共感され、望む行動を取ってもらう能力を磨く。

「ビジネス・プレゼンテーション」講座では、聞き手分析を元にした効果的な話し方や伝え方、スライド作成の手法を、実演を行いながら学んでいきます。企画提案を初めとする伝達能力全般の向上を目的とします。
ビジネス・プレゼンテーションはこんな方にお勧めです。
うなずいてくれる人は多いのに、企画が通らないのはなぜ?
5秒で言いたいことが伝わるスライド、どう作ればいい?
聞き手の立場に立って考える。何をどう考えればいい?
「プレゼン、良かったよ」と言われるが、受注に繋がらない・・・

聴き手を分析することがスタート地点

プレゼンテーションの準備を進めるにあたって、まず必要な作業は、「聴き手をどこに導きたいか」というゴールの設定です。同時に聴き手の興味や理解度、利害関係などを具体的に分析します。
こうした聴き手に関する考察なくして、 メッセージ(言うべきこと)やストーリーラインを作る上でのポイント、留意点は見えてきません。だからこそ、最初に聴き手に着目し、徹底して分析するのです。

聞き手を分析することが スタート地点
言うべきことを伝える ストーリーラインを設計

言うべきことを伝えるストーリーラインを設計

「言うべきこと」が定まったら、そのメッセージに向けて、どんな内容を、どんな順序で伝えていくかを考えます。ここで注意したいのが、「論理」と「説得」は違うということ。いくら論理的に正しいストーリーラインだったとしても、聴き手の関心や感情面への配慮を外していたら、目的はかないません。
聴き手を動かす内容に仕上げるには、 「聴き手が抱く疑問に答えていく」「聴き手の頭に入りやすい順序で話す」「聴き手の立場や感情面に配慮する」といった点の考察が求められるのです。

魅せるために必要なのがスライド作成

準備の最終段階がスライドの作成です。相手が5秒で理解できるスライドを作るためには、余計な情報を捨てる大胆さと、細部にまで整合性を求める愚直さがカギになります。
授業では毎回、スライドやストーリーライン作成の課題が出され、実際に手を動かしながら、準備の流れを身につけていきます。また、講義内で相互フィードバックを通じて自分の制作物に対して、具体的なアドバイスを受ける機会があるのも、本科目の特徴です。
この科目では、講義を通じて伝え方(How)と伝える中身(What)の学習と併せて、体系的なプレゼンテーション力の向上を目指します。

魅せるために必要なのが スライド作成

講師からのメッセージ

堤 崇士 講師Ashridge Business School修了(MBA)。東京海上日動火災保険の企業向け損害サービス部門にて、事故の損害額算定、交渉業務等に従事。その後、グロービスにて製薬業界を中心に企業内研修やスクールを活用した研修の企画・設計・営業を担う。留学を経て、日本イーライリリー入社。採用および人事ビジネスパートナーとして勤務したのち、現在はグロービスファカルティ本部に勤務。

聴き手の“思考”と“感情”に働きかける、
複合技へのチャレンジ

ビジネスの現場でのプレゼンテーションの成功のカギは何でしょうか。アイキャッチなパワーポイントスライド?俳優のような身振り手振り?プレゼンへの情熱?答えはYesでありNo。これらの要素は重要ですが、その一つ一つだけでは通用しません。 ビジネス・プレゼンテーションは、様々なビジネススキルの複合技です。明確な目的意識、聴き手に対する深い洞察、ストーリーの構築、スライドの作り込み、身振り手振り、そしてそこに込める思いなど。右脳と左脳をフル回転する応用問題ですから一筋縄にはいきませんが、成功したときのインパクトは大きいです。ぜひ一緒にチャレンジしてみましょう。

学んでみたい。でも、まだ迷っている方へ。無料の「体験クラス」に、ぜひお試しください。
説明会・体験クラスはこちらから

「ビジネスに役立つスキルを身につけたい。」

そう思っても、なかなか第一歩が踏み出せないという方は、少なくありません。ビジネスを学んだことがなく、授業についていけるかどうかという不安。実際の授業の雰囲気はどんな感じなのか。どんな人たちが学んでいるのか。などなど、理由はさまざまです。

グロービスでは、「ここで学びたい」「ここなら学べる」と自信をもって受講いただくために、無料の「体験クラス(クリティカル・シンキングまたはマーケティング)」を随時開催しています。

“明日からの仕事に役立つ実践的なクラス”を、ぜひ体験してください。

この科目を受講された方は、こんな科目も受講されています。

他のカリキュラムをもっと見る

どの科目を選ぶか?迷った方はこちら

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み