組織行動とリーダーシップ講座の評判・受講生の声

組織を動かすリーダーのあり方に気付き、企業変革を実践する能力と志を得る

受講生の声

リーダーシップは組織を動かしていく血液や神経の役割と考えています

リーダーシップは組織を動かしていく血液や神経の役割

受講の前と後で大きく変わったのは、そもそもリーダーシップは才能ではなく学習可能なものであること、 そして環境や組織によって変わるものだということを知ったことです。
リーダーシップとは、 自分でビジョンをつくり、まわりにアピールし、納得してもらって、“一緒に行こうという仕組みを作る”ことだと思います。 管理という古い考え方ではなく、新しいものを作り出す動きなのです。このことを知ったことは、自分自身の中に 革命が起きたような経験でした。それまでは、組織とは難しい、よくわからないと感じていたので。

でもこれは、自分が単に、組織を下から上へ見ているだけだったからなんですね。人材マネジメントとリーダーシップを勉強することで、ある高さの視点から組織を見ることができるようになりました。人材マネジメントという 冷徹なフレームの中で、リーダーシップこそが人・組織を動かしていくための血液や神経の役割を果たしながら、 情熱や行動というものを生み出していくのだと思います。

受講後の「振り返り」をご紹介します

グロービスが最も大切にしていることは、知識を「実務で使える」レベルに高めること。そのため、毎回授業での学びのポイントや実務に活かした際の手応えなどを振り返り、各クラスごとに用意されたメーリングリストに投稿することが求められます。また、最終回には全ての授業を振り返り、今後の実践とさらなる成長のために、何を意識し、どのような行動をとるべきかを整理していただきます。ここでは、受講生の投稿や提出物の一部を抜粋してご紹介します。

環境に応じて、求められるリーダーのスタイルは変わる

この科目で学んだことは、これまで私が実際に経験し、悩み、解決してきたこと、または解決できなかったことを、体系的、科学的な観点で整理できた点で非常に役立ちました。これまでリーダーシップや人材育成などの書籍と実経験を重ねて「なんとなく」整理してきた程度のもので、決してしっかりと「活用」できるものにはなっていなかったからです。・・・(中略)・・・

実務における気づきとして大きかったのは、「その時々の環境に応じて、求められるリーダーのスタイルは変わる」ということ。このことを学んだことで、私が所属する部門長のスタイルは、現在の外部環境に適合していないということが客観的に分析できました。これまでは主観的に捉え、大変なストレスを感じていましたが、自分自身がリーダーシップを取り、施策を提案していく立場にあると認識するようになりました。・・・(中略)・・・

今後は、受講での学びを活かすべく、自部門のメンバーで合宿を行うことを計画しています。事前にマネジャー層と組織の7Sの再確認を進めています。組織の改革という点で、短期的施策と中期的施策にまず分類し整理していますが、中期施策に関しては、メンバーを巻き込みつつ、進める計画です。・・・(中略)・・・

また、マネジャー層や次期リーダー層の育成のためにも、今回学んだ点を社内メンバーへ存分にフィードバックする予定です。最終的には他のメンバーにも「組織行動とリーダーシップ」のクラスを受講してもらうなどの育成計画も立案するつもりです。・・・(以下省略)

「責任は俺が取る」と部下に言えるように

どれも勉強になることばかりでしたが、特に今の自分の仕事上のスタイルの中で重要だと思った内容は、「エンパワーメント」です。エンパワーメントは一言で言ってしまえば「人を活かすマネジメント」だと思いますが、これを理解した上で、意図的にそして、授業で押さえたポイントに十分配慮して活用することで、「なんとなく仕事を任せる」のとは全く比較にならない効果が期待できると感じています。「なぜ部下が思うとおりに成長しないのか?」その原因が自分にあったことに最初は愕然としましたが、・・・(中略)・・・。

学んだことを実務で使ってみようということで、さっそく入社3年目の部下に対して、あるイベントの仕切りを任せました。今までは、何から何まで指示を出していたのですが、今回は備品手配からスケジューリング、予算管理まで、やり方も含めて全てを任せました。もちろん、事前に期待する役割をにぎり、途中経過等も逐次聞きながら進めました。・・・(中略)・・・・

最初の説明の段階で、「クライアントの反応が悪かったとしても、全ての責任は俺が取るから、お前はとにかくやり切ってくれ!」と伝えたのを覚えています。結果的に、お客様からの反応もよく、また同様の企画をやってほしいという声もいただき、自信に繋がったとフィードバックの際に部下から言われました。・・・中略・・・

この科目を受講していなければ、恐らく「責任は私が取るから」とは言えなかったかもしれません。リスクを取らなければ部下は成長しないと分かっていても、リターンをリアルにイメージできていなければ、踏み出せなかったと思います。・・・(以下省略)

(大手製薬会社 営業企画部 課長) (大手広告代理店 営業局 部長)

他の受講生からの評判を見る

学んでみたい。でも、まだ迷っている方へ。無料の「体験クラス」に、ぜひお試しください。
説明会・体験クラスはこちらから

「ビジネスに役立つスキルを身につけたい。」

そう思っても、なかなか第一歩が踏み出せないという方は、少なくありません。ビジネスを学んだことがなく、授業についていけるかどうかという不安。実際の授業の雰囲気はどんな感じなのか。どんな人たちが学んでいるのか。などなど、理由はさまざまです。

グロービスでは、「ここで学びたい」「ここなら学べる」と自信をもって受講いただくために、無料の「体験クラス(クリティカル・シンキングまたはマーケティング)」を随時開催しています。

“明日からの仕事に役立つ実践的なクラス”を、ぜひ体験してください。

この科目を受講された方は、こんな科目も受講されています。

他のカリキュラムをもっと見る

どの科目を選ぶか?迷った方はこちら

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み