ファイナンス講座のテーマ

企業価値を定量的に評価し、経営者や投資家の視点で的確に判断する力をつける

概要(Outline)

この科目は、ファイナンスのフレームワークや分析手法を習得するとともに、戦略や事業投資が資金手当を含めた企業の財務活動に与える影響を考察し、経営判断力の強化につながる分析力や洞察力を養います。授業では、意思決定のシミュレーションを積み重ね、ファイナンスの考え方やフレームワークをどのように使えば戦略的な意思決定ができるようになるのか、何を押さえれば意思決定の精度を高めることができるのかを議論します。また定量面だけでなく定性面においても検証すべきポイントについて考えていきます。

この科目は「ファイナンス基礎」「アカウンティング」「クリティカル・シンキング」の事前受講を推奨しています。
(推奨と言う位置づけであり、必須受講ということではありません)
但し、「アカウンティング」や「ファイナンス」領域は専門的な知識が大前提になりますので、もしそういった知識が欠けていると認識している場合には、必ず基礎知識となる科目(とくに「ファイナンス基礎」および「アカウンティング」)を受講するようにお願いします。基礎レベルの知識がどういったものかはレベルチェックテストで確認いただけますのでご活用ください。

Day 1
セッションA テーマ ファイナンスにおける基礎的概念の確認
ケース  
セッションB テーマ 事業戦略に基づく予測財務諸表の変化および資金調達手段
ケース マウンテネリアス・スポーツ店
Day 2
セッションA テーマ キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証(前半)
ケース ワールプール・ヨーロッパ
セッションB テーマ キャッシュフローの増分分析と事業採算性の検証(後半)
ケース ストライカー・コーポレーション:プリント基板の内製化
Day 3
セッションA テーマ 企業価値評価(バリュエーション)の基本と資金調達(前半)
ケース インダストリアル・アクセサリーズ社
セッションB テーマ 企業価値評価(バリュエーション)の基本と資金調達(後半)
ケース インダストリアル・アクセサリーズ社
Day 4
セッションA テーマ バリュエーションと投資判断(前半)
ケース アメリカン・ケミカル・コーポレーション
セッションB テーマ バリュエーションと投資判断(後半)
ケース アメリカン・ケミカル・コーポレーション
Day 5
セッションA テーマ 資金調達が事業戦略に与える影響(負債と株主資本)(前半)
ケース ハーモニック・ヒアリング社
セッションB テーマ 資金調達が事業戦略に与える影響(負債と株主資本)(後半)
ケース ハーモニック・ヒアリング社
Day 6
セッションA テーマ 総合的な事業投資判断(前半)
ケース モンマス社
セッションB テーマ 総合的な事業投資判断(後半)
ケース モンマス社

受講期間/受講料

受講回数・期間 受講料 クラス定員
全6回(隔週/3カ月) 1回3時間 126,000円 35名
※振替受講者が加わるため、クラス参加者は定員より増える場合もあります。
学んでみたい。でも、まだ迷っている方へ。無料の「体験クラス」に、ぜひお試しください。
説明会・体験クラスはこちらから

「ビジネスに役立つスキルを身につけたい。」

そう思っても、なかなか第一歩が踏み出せないという方は、少なくありません。ビジネスを学んだことがなく、授業についていけるかどうかという不安。実際の授業の雰囲気はどんな感じなのか。どんな人たちが学んでいるのか。などなど、理由はさまざまです。

グロービスでは、「ここで学びたい」「ここなら学べる」と自信をもって受講いただくために、無料の「体験クラス(クリティカル・シンキングまたはマーケティング)」を随時開催しています。

“明日からの仕事に役立つ実践的なクラス”を、ぜひ体験してください。

この科目を受講された方は、こんな科目も受講されています。

他のカリキュラムをもっと見る

どの科目を選ぶか?迷った方はこちら

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み