ファイナンス講座

企業価値を定量的に評価し、経営者や投資家の視点で的確に判断する力をつける

「ファイナンス」講座では、基本的なフレームワークや分析手法を修得することで、分析力や洞察力を身につけ、資金調達における経営判断を実例を用いて学んでいきます。
ファイナンスはこんな方にお勧めです。
株式発行による資金調達。会社の意思決定をどう判断する?
自社の企業価値を高めるためのメカニズムとは?
株式重視の経営。経営陣は何を狙っている?
無借金経営は、理想の経営方針なのだろうか?

「ファイナンス」で、企業価値を測る

「ファイナンス」を学ぶことで、価値創造のメカニズムや事業のリスクと言った概念を通じ、「企業価値を高めるためには何をすれば良いか」について理解を深めることができます。それは、例えば企業活動に必要な資金を株式によって調達すべきか、借入など負債によって調達すべきかといった判断の基準などにも応用できます。
こうした知識は今すぐはあなたに必要ないかもしれません。しかし、新会社を設立して資金調達が必要になる時、子会社に出向し本社に対してその経営状態を説明することになった時など、「ファイナンス」の知識は大いに役立ちます。

ファイナンスで 企業価値を測る
数字を入り口に経営者の姿が見えてくる

数字を入り口に経営者の姿が見えてくる

「ファイナンス」はとかく専門性が高く、一部の人以外は必要のないものと思われているようですが、実際はそうではありません。グロービスでは、実在企業のケースを通じて、「ファイナンス」的な視点から企業経営全般を分析する力を鍛えていきます。
例えば、自社製品に内蔵する重要コンポーネントであるPC基板の内製化を検討するケースでは、単なる定量的な投資判断だけではなく、事業リクスの解決という経営課題の本質に立ち戻ってどう経営判断すべきかについて考えます。

また、あえて老朽化した工場を買収するケースでは、経営者として中・長期的な事業戦略を踏まえたうえでの買収戦略に想いを馳せます。つまり、「ファイナンス」という定量的な側面を入り口としながら、 その向こうにある経営者の悩み、競争優位性の構築努力、株主に対する配慮といった定性的な側面とのつながりや整合性を見ていくことで「企業価値を測り、創り出し、分配する」という「ファイナンス」の役割を学んでいくのです。

講師からのメッセージ

斎藤忠久 講師東京外国語大学英米語学科(国際関係専修)卒業。シカゴ大学経営大学院修了(MBA-High Honors)。 富士銀行、戦略コンサルティング会社、音響機器メーカー取締役経理部長を経て、 米国の携帯電話向け、ソフトウェア開発会社で日本法人の設立・立ち上げを行い、日本法人の代表取締役社長等を歴任。

実務に使える「活きた」ファイナンス理論を身につけよう!

この科目の目的は、将来のマネジメン卜を目指す方々が、「マネジメントとして迅速かつ的確な判断を下せるよう、 自社を取り巻く環境とその中で選択可能な各種戦略の重要度を定量的に分析・把握する」ためのツールであるファイナンス理論を、体系的に勉強することにあります。
毎回、ファイナンス理論を構成するテーマに即したケースを、基礎理論をしっかりと押さえた上で、定性的な戦略分析も交えながら定量的に分析し、「何をどのように分析し、どのような根拠のもとに決断していけば良いのか」を実践的に勉強していきます。 マネジメントになったつもりで3ヵ月間一緒に勉強しましょう。

学んでみたい。でも、まだ迷っている方へ。無料の「体験クラス」に、ぜひお試しください。
説明会・体験クラスはこちらから

「ビジネスに役立つスキルを身につけたい。」

そう思っても、なかなか第一歩が踏み出せないという方は、少なくありません。ビジネスを学んだことがなく、授業についていけるかどうかという不安。実際の授業の雰囲気はどんな感じなのか。どんな人たちが学んでいるのか。などなど、理由はさまざまです。

グロービスでは、「ここで学びたい」「ここなら学べる」と自信をもって受講いただくために、無料の「体験クラス(クリティカル・シンキングまたはマーケティング)」を随時開催しています。

“明日からの仕事に役立つ実践的なクラス”を、ぜひ体験してください。

この科目を受講された方は、こんな科目も受講されています。

他のカリキュラムをもっと見る

どの科目を選ぶか?迷った方はこちら

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み