ファイナンス基礎講座

企業が将来生み出す価値を見極めるための考え方と手法を体得する

「ファイナンス基礎」講座では、主にマネジメントを目指す方を対象に、事業投資の基準や企業の市場価値などについて、実例を用いて学んでいきます。ファイナンシャルな視点での分析力を高め、あるべき姿を描く力の養成を目指します。
ファイナンス基礎はこんな方にお勧めです。
日経新聞の経済面。実は良く分からない言葉が多い・・・
投資の可否、何を基準に判断するべきなのか?
顧客へのシステム提案、見えない価値をどう伝える?
企業の市場価値。何をどのように計算しているの?

ファイナンスの視点で、世の中のトレンドをつかむ

株価の変動や買収・合併のような世間の注目を集めることから、在庫の圧縮や売掛金の回収といった日常業務に関わることまで、株主、債権者、経営者、従業員、取引先など企業にとって重要な関わりを持つ人々はみな、意識的にせよ無意識的にせよ、ファイナンス的な考え方のもとに行動しています。
ファイナンスを学ぶと、世の中で日々行われている企業活動について、その金銭的な価値の大小が見えてきます。また、世界的な経済危機のような市場環境の変化が、企業価値にどう影響を及ぼすかもわかってきます。これらによって、環境変化に対応し、どのような経営をするか、経営者の打ち手の巧拙を自分なりに判断できるようになります。

ファイナンスの視点で、世の中のトレンドをつかむ
知識を覚えるのではなく、知識を使いこなす

知識を覚えるのではなく、知識を使いこなす

グロービスの授業の特徴のひとつは、ディスカッション中心に進むことです。一方的に講師がレクチャーし、受講生が書き留めるという従来のスタイルではなく、自分の言葉としてアウトプットできるように講師が「問いかけ」を繰り返すことで、皆さんの気づきにつなげていきます。
定量的に分析するだけでなく、「採用し得るオプションには何があるのか」「それぞれのオプションの優劣は何か」「他者が真似できない競争優位性とは何か、それが企業価値の創出にどの程度貢献しているのか」など、定性面と定量面の両方から考察を加えながらディスカッションを進めていきます。

講師からのメッセージ

鷲巣 大輔 講師一橋大学商学部卒業後、外資系消費財メーカーに入社。管理会計をベースとした経営戦略策定、事業部コントロールに従事。日本・韓国のコーポレートファイナンスマネージャーなどを担当後、国立大学COEプロジェクト参画、ベンチャー企業のCFOなどを経て、現在に至る。

実はとってもシンプルなファイナンス理論。
その本質と深みを味わいましょう。

ビジネスがグローバル化する中において、資金調達や投資を世界を舞台に行うことも頻繁化しています。そのような環境下では世界共通言語である現代ファイナンス理論を習得することは、ビジネスパーソンにおいては必須の事になりつつあります。ところがなかなか数値が多い、複雑、わかりにくいといったイメージを持つ方、自分には関係ない・・・と敬遠する方も多いのではないでしょうか。ファイナンス理論は本質はとてもシンプルなものです。そのシンプルだけど、奥の深いファイナンス理論を、実際のニュースや豊富な事例、簡単なケーススタディを通じてわかりやすく解説していきます。

学んでみたい。でも、まだ迷っている方へ。無料の「体験クラス」に、ぜひお試しください。
説明会・体験クラスはこちらから

「ビジネスに役立つスキルを身につけたい。」

そう思っても、なかなか第一歩が踏み出せないという方は、少なくありません。ビジネスを学んだことがなく、授業についていけるかどうかという不安。実際の授業の雰囲気はどんな感じなのか。どんな人たちが学んでいるのか。などなど、理由はさまざまです。

グロービスでは、「ここで学びたい」「ここなら学べる」と自信をもって受講いただくために、無料の「体験クラス(クリティカル・シンキングまたはマーケティング)」を随時開催しています。

“明日からの仕事に役立つ実践的なクラス”を、ぜひ体験してください。

この科目を受講された方は、こんな科目も受講されています。

他のカリキュラムをもっと見る

どの科目を選ぶか?迷った方はこちら

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み