アカウンティング基礎講座

企業の経営成績である財務諸表から、企業の特徴や戦略を読み解く力をつける

「アカウンティング基礎」講座では、財務諸表を読み取る知識を身につけ、財務会計や管理会計を理解することで、経営課題、リスク分析に役立つ企業会計を実例を用いて学んでいきます。
アカウンティング基礎はこんな方にお勧めです。
「会計」に関する本。読んでは見たもののピンとこない・・・。
新規顧客を開拓したが、本当に取引してよいかどう判断する?
財務諸表から競合の強み、弱みをどう読みとればいい?
月末締めの翌々月末支払い。“期間”に何の意味があるのか?

アカウンティングはビジネスの共通言語

私たちが毎日仕事をし、企業が活動していれば、当然お金が動いています。アカウンティングとは、その企業活動の結果を、お金の出入りという観点から捉えて表現しようとするものです。
「ビジネスの共通言語」ですから、規模の大小や業種業態のいかんを問わず、同じ意味を持つ数字で表現します。
財務諸表は、一見無味乾燥な数字の羅列のようであっても、実は企業活動の結果が凝縮されたものです。 その見方や解釈の方法を押さえれば、財務諸表の数字からその企業の戦略や活動の状況など、 企業の全体像を把握することができます。

アカウンティングはビジネスの共通言語
数字の意味を読み解き、実務に活かすスキルを身につける

数字の意味を読み解き、実務に活かすスキルを身につける

ビジネスパーソンにとって大切なのは、簿記・会計学の細かなルールに精通することではなく、財務諸表に表れる数字の持つ意味を読み解くスキルを身につけることです。グロービスでは、細かい知識を講師が講義形式でレクチャーするのではなく、アカウンティング的なものの見方を、ディスカッションを通じて習得していきます。
例えば、日本通運とヤマト運輸の実際の財務諸表を比較しながら読み解く演習では、 一見同じように見える運輸業でも、会社の強み、弱みが驚くほど違うことに気づくはずです。

財務諸表を詳細に見ていくことで、各企業の事業戦略の違いなど、実際に目に見える企業活動の意味を改めて理解することができるのです。 アカウンティングを理解すれば、営業、企画、マーケティングなどさまざまな業務の場面で、 これまでと違った判断や提案ができるようになるはずです。

講師からのメッセージ

溝口 聖規 講師京都大学経済学部卒業。公認会計士、日本証券アナリスト協会検定会員、公認内部監査人、地方監査会計技能士。青山監査法人、みすず監査法人、有限責任監査法人トーマツを経て、溝口公認会計士事務所を開設。現在は、管理会計、株式公開、内部統制、企業評価等に関するコンサルティング業務を中心に活動。

経営の基本はアカウンティングにあり

日々の経営判断やビジネスを遂行するにあたって、数字を読み込む財務的な知見があるのとないのとでは、ビジネス判断の深さと広がりに差がでてきます。この科目では、簿記・会計の細かいルールではなく、より実践に基づいた財務諸表の読み方、数字の読み取り方から分析まで、ビジネス現場の視点で幅広く基礎知識を伝えていきたいと思います。
基礎的な財務諸表の構造から、世の中で起きているM&A、MBO、IPOなどの様々な事象を取り上げてアカウンティング的な見方を試みます。今まで苦手意識のあった財務諸表が、わくわく楽しいものになるよう、3ヵ月間共に考え、取り組んでいきましょう。

この科目を受講された方は、こんな科目も受講されています。

他のカリキュラムをもっと見る

どの科目を選ぶか?迷った方はこちら

説明会&体験クラスのお申込み

受講のお申込み